現在発売中の刊行物

ボディーブロー写真
ボディーブロー
小川ゆめ著
現代を生きる日常に潜む影の出現に、ジワジワと効いてくるボディーブローの味。幻野をさ迷うあなたの耳に囁かれる声、鷲掴みする手、掬われる足下…夢と現実が重なり合いやがて柔らかな大地の感触に着地する。『砂金』(紫陽社)、『祈りの音楽で起こされた』(白地社)、『つかの間の遭難』(白地社)に続く、著者、第四詩集。
  • B5変型・並製・78頁
  • 言葉に育まれ言葉を超えた一粒の種子
  • 定価1890円(税込)
ちいさなひとつのたまごから
ちいさなひとつのたまごから
朝葉晴瑠砂著
乳児期・幼児期のわが児たちのいのちにあふれたことばを、母親のこころとまなざしで紡いでいる。こどもたちの一生の発語の始まりのことばが輝いている。……家族の大切さを、これしかないぞ、と感じたものを信じて、父親も母親も自然体で、児たちの生命から満ちあふれてくるものを、そのまま保護して、成長していくようすを見守っている。生命として、家族として最も素敵なままに―― (堀雅子「跋」より)
  • A5判・上製・230頁
  • 子供達の発する言葉のその瞬間の輝きを
  • 定価1575円(税込)
ふあいあ ふらい ああるの独白
ふあいあ ふらい ああるの独白
浮海 啓著
「さようなら吉本隆明さん」の哀悼詩ほか。
内部の深みから湧き上がる自己表出という声以前の音のイメージとは。漆黒の闇に住まうそのイメージに呼び覚まされた表現の感触に今日を自鳴する。
  • A5判・上製・122頁
  • いま、という時に為すべきことを為しておく
  • 定価1365円(税込)
麦の秋
麦の秋
浮海早苗著
著者第一句集。
投句を主とした新聞俳句、公共電波NHKの俳句、さらに全国規模の俳句大会参加句のほかに、作者が所属する会の句誌に発表された作品によって構成。社会的視野の広さと女性らしい優しい心づかいが余情として広がり、魅力的な詩情をたたえている。
  • A5判・上製・194頁
  • 作者の十年余に及ぶ自己の研鑽の自選句集
  • 定価1890円(税込)
水馬
水馬(すいば)
田村雅之著
二〇〇五年から二〇一一年の春までに発表した詩作品二十三篇を収録した前詩集『エーヴリカ』に次ぐ第十詩集。
かつて日本海を人馬が渡り、僕は橋を渡る。琅玕の道を渉り、蹌踉と渉る。転生水馬は夢の架橋の時間のなか、海神(わたつみ)を滑るように曲(わた)っていく。詩人・田村雅之が此岸から彼岸に軽(かろ)みとわたり、漢語から和語へ円(まどか)にわたっていく。
  • A5判・上製・116頁
  • 「水馬」とは、乗馬で水を渡る法という
  • 定価3150円(税込)
アミューズメントミュージアム
アミューズメントミュージアム(ネコ専門)
槙下 晶著
ジャイロマル出版社刊
猫のためのネコの娯楽スタイル博物館へのご招待。ネコになって、ネコ科動物の娯楽型博物館を楽しみましょう。
2008年、2011年、イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選作品。
  • A4横長・32頁
  • 定価2310円(税込)